安全への取り組み

  1. トップページ
  2. 安全への取り組み
「社員一人ひとりが信頼される堀尾物産の安全品質提供」
をモットーに、お客様に最上の満足を。

徹底した安全教育を実施

1雇入時安全衛生教育

未経験者には、知識・技能教育を独り立ちできるレベルにまで経験者には、堀尾物産の社員としてふさわしい挨拶から関係法令までしっかり教育します。

2安全衛生協議会を毎月実施

お客様からの安全に関するご指示を確実に伝達する為、社内安全衛生協議会を毎月開催しています。
また、災害事例研修や社内での決定事項を全員で協議し、より安全に作業できる方法を話し合っています。
フェイスブックにて会議の様子を見る事も出来ます。⇒こちら

安全衛生協議会の様子

3社員の保有資格例

社員全員、移動式クレーン運転士、玉掛け等の作業に必要な資格を取得しております。
当社で3年以上勤続した運転手は、職長教育と安全衛生責任者の資格を取得。
また、5年以上勤続の運転手は、全国クレーン建設業協会主催の移動式クレーン安全衛生教育を受講します。

4ドライブレコーダーを全車に取付

運転手の安全運転、安全操作の意識を高めるために、全車にドライブレコーダーを取り付けております。

ドライブレコーダーを全車に取付

5全車の点検講習の開催

クレーンメーカーのTADANOさんから、サービス担当者による点検・整備・車両の取り扱いなどの講習を定期的に開催しております。新人だけでなく、熟練運転手も一緒に参加し、社員全員のレベルアップを目指します。

全車の点検講習の様子

安全・品質の確認と継続

1自主パトロール・事業主パトロール実施

指導・教育した内容が現場で活かされているかを抜打ちで確認

安全衛生協議会の様子

2会社行事

9月30日(クレーンの日)は、当社恒例の「安全祈願祭」を開催。
今年一年安全に無事故・無災害を祈願する催しとなります。

安全衛生協議会の様子

採用情報

ロードサービスご利用アンケート

Copyright (c) HORIO BUSSAN All Rights Reserved