会社概要

  1. トップページ
  2. 会社概要

代表挨拶

信頼と実績のアクティブパワー

油脂販売からスタートした当社は、お客様のご愛顧、ご支持をいただき、着実に業務を継続してまいりました。
『平常心でお客様に接し、お客様に喜ばれる仕事を積み重ねて行く』
当社は、この企業理念に基づき、『安全・確実・迅速』をモットーに、お客様のニーズに応えてまいりました。 クレーンリース業、レッカー車等によるロードサービス業(事故車、故障車の排除)、不動産業の業務別3部門体制の信頼と実績を、創業より68年間積み上げてまいりました。
信頼こそ当社の最大、最高の資産です。それはとりもなおさず、全社員が担当業務に誇りをもってこそ実現できることです。これからもお客様のより一層の信頼を獲得すべく、積極的に安全活動に励み、新技術・新機種を導入し、作業への意欲と創意工夫をする事でご要望に応えてまいります。

堀尾 洋隆

会社情報

社号 堀尾物産株式会社
代表取締役 堀尾 成臣
本社郵便番号 〒486-0807
本社住所 愛知県春日井市大手町44番地 MAP
Tel 0568-81-6281
Fax 0568-81-9857
E-mail horio_bussan@ninus.ocn.ne.jp
創業日 昭和25年5月1日
設立日 昭和40年2月18日
資本金 8,800万円
従業員数 26名
事業内容

クレーンリース事業部(クレーン作業)
レッカー事業部(事故車等排除作業)
不動産事業部

建設業の許可
許可業種 建築工事業 ・とび土工工事業
許可番号 愛知県知事(般-27)第5309号
宅地建物取引業
許可番号 愛知県知事(14)第2594号

会社沿革

1950年
(昭和25年)
油脂販売を目的に堀尾物産を創業。
1951年
(昭和26年)
名古屋市の衛星都市として脚光を浴びる春日井市の住宅及び工場の建設に着目。製材所、電動木工機を装備、木造を主体とした建築部を新設。
1955年
(昭和30年)
工場、住宅の建設に付随して宅地造成を重視。重機部を増設。
1957年
(昭和32年)
建築部に鉄筋、鉄骨部を増設。鉄筋鉄骨加工治具機器一式を装備。
1962年
(昭和37年)
建設重機械を充実し重機部及び建築部を増強。不動産部を新設、宅地造成、
工場誘致、住宅分譲など開発設計から施工までの総合建設機能を拡充。
1963年
(昭和38年)
労働力不足、省力化時代を反映し新型クレーン購入、クレーン課を増設。
1965年
(昭和40年)
株式会社に改組、堀尾物産株式会社を設立。
(資本金1,200万円・授権資本4,800万円)
新技術導入を図り建築土木機能を一段と強化。
1972年
(昭和47年)
大手町に本社社屋を建設。1500万円に増資。事故車排除対策を強化。
24時間出動体制をとり日本道路公団及び警察署等の夜間出動要請に対応。
1973年
(昭和48年)
2,500万円に増資。日本道路公団名古屋管理局と事故車等排除業務締結。
1974年
(昭和49年)
全車両に150MHZ無線電話装置設置。
1984年
(昭和59年)
大手町に第5大手町ビル(5F)建設。1Fに東海銀行大手出張所入居。
1994年
(平成 6年)
中華航空墜落事故機排除要請に対応。
1996年
(平成 8年)
8,800万円に増資。
1998年
(平成10年)
大手町に第6大手町ビル(6F)建設。
2001年
(平成13年)
当社関資材置場に関営業所設置。
2009年
(平成21年)
春日井市新開町にハイツ新開(賃貸集合住宅)の建設。
2015年
(平成27年)
代表取締役社長に 堀尾 成臣 就任 及び
代表取締役会長に 堀尾 洋隆 就任。

採用情報

安全への取り組み

Copyright (c) HORIO BUSSAN All Rights Reserved