SDGsへの取り組み

  1. トップページ
  2. SDGsへの取り組み

堀尾物産株式会社はSDGsの考えに賛同し、持続可能な社会の実現に向けて
積極的な取り組みを行っています。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際社会共通の目標です。

貧困の解決、ジェンダー平等、緑や海の豊かさを守るなど、持続可能な世界を実現するための
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。SDGsは発展途上国だけではなく、先進国でも積極的に取り組む普遍的なものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

堀尾物産株式会社は、1950年の創業依頼、地域のみなさまにご愛顧いただき、成長してまいりました。今後とも地域や社会の皆様に必要とされる企業として成長していけるよう、SDGsの中から課題を絞り、取り組んでまいります。

堀尾物産のSDGsへの取り組み

1経済への取り組み

経済への取り組み
概要
〜社員全員が平等かつ健康で安全に働ける職場環境を〜

過酷な労働環境のイメージが残る建設業・運送業ですが、弊社では徹底した労働時間の管理と健康面での管理を行うことにより、社員が精神面、健康面で安心して働ける職場つくりを率先して行っております。
建設業・運送業で男女平等にパフォーマンスを発揮できるよう、体への負担を軽減する機器の導入、徹底した教育の実施を行っております。

取り組み内容
  • ◆労働時間管理の徹底
  • ◆インフルエンザ予防接種費用補助
  • ◆定期的な健康診断の実施と診断結果の管理
  • ◆女性ドライバー、オペレーターの積極的な雇用
  • ◆GPSデジタコ、通信型ドラレコ、車両安全装備の導入
  • ◆WEB会議、テレワークの実施
2030年 数値目標
社員定着率95%以上、女性ドライバー・オペレーター比率15%以上

2環境への取り組み

環境への取り組み
概要
〜最新技術を取り入れ環境にやさしく〜

弊社の仕事の大部分は「はたらくくるま」の活躍により成り立っております。
しかし、「はたらくくるま」はCo2の排出量が多く地球温暖化の原因一つと言われております。弊社では最新のeco技術を搭載した車輛を業界でいち早く導入することにより環境社会の発展に寄与しております。

また事務所内でもLED照明の導入や徹底した電子化を進めており、地球にやさしいオフィスつくりを心がけております。

取り組み内容
  • ◆最新の低公害車の導入
  • ◆効率的な配車による燃料使用量の節約
  • ◆LED照明導入
  • ◆各申請書、会議資料、FAXなどを電子化し、ペーパーレスを推進
2030年 数値目標
大型トラック Co2排出量10%軽減

3社会への取り組み

社会への取り組み
概要
〜「はたらくくるまフェス!inかすがい」の開催〜

私たちは、「はたらくくるまフェス!inかすがい」の開催を通し、
地域の方々が「はたらくくるま」に対して興味を持っていただくため活動をしております。
「はたらくくるま」への知識が深まるだけでなく、若い世代の職に対する選択の幅が広がり、地元企業への雇用促進にも繋がると考えております。

取り組み内容
  • ◆「はたらくくるまフェスinかすがい」の企画・運営
  • ◆参加企業の誘致
  • ◆地域への広報活動
2030年 数値目標
「はたらくくるまフェス!inかすがい」参加企業20社、年2回開催

採用情報

ロードサービスご利用アンケート

Copyright (c) HORIO BUSSAN All Rights Reserved